魚見山、三等三角点「箕浦」  180m、450.1m   09.02.01
(うおみやま、みのうら)

コモちゃん単独行
魚見山 三角点「箕浦」
登山口 香川県豊浜町 香川県豊浜町
コース 林道〜頂上らしきところピストン 魚見山森林公園駐車場〜展望台〜木の橋〜頂上ピストン
時間 約15分    約2時間半(休憩含む)


本日は西讃の山へ。2山、あわよくば3山を目指して・・・

まずは豊浜町の魚見山を目指す。
数年前に一度アタックしたものの、登山口が分からず撤退したことがある。
最近公園化されたと聞き、再挑戦することに。

入り口が分かりづらかったので箕浦(みのうら)で地元の方にお聞きしたら、
下から登る道もあるし、車で林道を上がっても行けるらしい。
林道から行くことにした。

県道241号線に戻る。
山側を見ていると看板発見。高速道路の下をくぐり林道に入る。高度が上がると見晴らしが良くなり、森林公園の駐車場に着く。
車がいっぱいにびっくり。この時はイベントがあるのかと思った。


さらに上に行くとアズマヤのある展望台。非常に眺めが良い。車を停めて先へ歩く。


先に見えている割堀が取り付きらしい。危なそうなので一人で行ってみる。


5分ほどシダをかき分け登ったが、頂上らしきものがない。
大体この辺だろうとして、引き返した。

海の色から魚の群れを見て、それを海にいる船に怒鳴ったり白い布をふって伝えたという山、魚見山。
今はそんなことはしないけど、覚えておきたいことのような気がする。

しかし15分では物足りない!
さっき通った駐車場から上に魚見山森林公園の展望台や遊歩道が見えるので行ってみることにする。



レビちゃんは寒いので車で読書だそうだ。

満車状態の駐車場には魚見山森林公園の大きな看板。10:53、出発。ウッドチップの敷かれた遊歩道。


すぐにアズマヤのある展望台に着く。ウッドチップの遊歩道はここまで。


女性3人でベンチを作っている。
毎月1回ボランティアで整備されているとのこと。
頭が下がる思い。
頂上をお聞きすると、木の橋の所から尾根に上がれるが、
以前ひどいヤブで撤退したとのこと。
そちらを目指して出発。頂上まで930m。


高度が上がると展望も良い。豊浜町、観音寺市、七宝山、妙見山、紫雲出山。


道はよくルンルン。



11:20、木の橋に着く。ここから這い上がっていく。崖を避けて横のヤブに突入。お聞きしたとおりのヤブだ。


それもかなり厳しいヤブだ。
11:47、南側の尾根筋。大谷山が見えてるのかな。


右に頂上が見えてきた。


11:51、やっと尾根道にたどり着いたが、踏み跡はかなり薄い。
シダで覆われていて少し尾根をはずすと歩けない。


12:19、やっと頂上の三等三角点に着いた。高度計は460m。展望はなし。大きな松の下に「龍王山碑」「七面龍王」。
帰って調べてみるとこの三角点は点名が「箕浦」で、450.1mだった。
三角点の周りには赤テープと境目を示すテープが張られていた。

12:25、同じ道で下山にかかる。

尾根からは木々の間から海や七宝山などの北東と南が見える。

東の展望。高速道路や大麻山、我拝師山などなど。


12:45、私有地に付き立ち入り禁止の札。
ここには入らず、手前で下りる。
12:44、尾根から降りる。横のヤブを登った時は30分。
滑り降りたこちらは10分。


12:54、遊歩道に出た。
13:11、ベンチは完成していた、立派だ!

道標に書いてあった頂上に行けてよかった。
このルートをボランティアで将来整備する予定であるらしかった。

車に戻るとレビちゃんは鳥見をしていたが、ジョウビタキがいたけど写せず、
あとはヒヨドリばかりで収穫はなしとのこと。

さあ、次の山菩提山へ〜

山のこもれびHOME
inserted by FC2 system