比婆山 1264m(御陵)   08.09.20
(ひばやま)

登山口 広島県庄原市西城町油木 広島県立県民の森公園センター
コース 公園センター〜出雲峠〜烏帽子山〜比婆山(御陵)〜池ノ段〜立烏帽子山駐車場〜展望園地〜公園センター
時間 休憩含み6時間20分



6時半過ぎに高松の自宅出発、途中で158円のガソリンを満タンにして、
7時15分瀬戸中央自動車道の坂出北ICに入る。

瀬戸大橋を車で渡るのは何年ぶりだろう。  
早島までが瀬戸中央自動車道。
休日の9時から5時までは割引があるけど山旅には不向きだ。
早島から100km以内で一度下りなければ早朝割引にならないので気をつけなきゃ。

山陽道、岡山道を経て中国道。

8時頃、SAで雲海を見る。
新美ICで一度おりた。

9時、東城ICでおりて国道314号線。
初めてのところでうろうろする。
何しろナビがないもんで・・・。四国外はナビがほしいなあ。

比婆山温泉がどこにあるのか分からないまま県道256号線に入ったようだ。

あとは「県民の森」の看板を頼りに〜〜〜〜
でも合ってるのかどうか不安になる。

9:48、「牛曳山」登山口を見つけて安心する。 9:49、ひろしま県民の森公園センターに到着。標高800m。


センターで登山案内図をもらって、売店の駐車場に車を移動。今日は長丁場なので水もたっぷり用意。10:16、出発。


10:24、第3キャンプ場までは砂利の車道。ここから登山道。ヤマボウシの赤い実に送られ出雲峠目指して出発。


左手下にはずっときれいな小さな川。
10:41、ここから毛無山へ行けるんだ。いつか・・・?

10分くらい歩くとまた毛無山標識。「ききょうが丘へ」とも書いてある。
ここから髭じじーさんが昼寝するききょうが丘へ行けるのね〜〜♪

花は、アキノキリンソウ、アキチョウジ、キバナアキギリが断然多い。
キクバヤマボクチ、ツリフネソウ、シロヨメナ、サラシナショウマなども〜〜。
マイヅルソウ、ナナカマド、ユキザサの赤い実が秋らしい。

背後から熊の鈴の音。
3人連れが追い抜いていった。
10:57、マツムシソウの群生地。きれいな青色!
後ろの山が毛無山かな。


11:03、避難小屋とトイレ。
飲用不可の水でコモちゃんは気持ちよさそうに顔を洗う。



11:06、出雲峠978m。広島と島根の県境。
毛無山へと右へ行く人も多い。
私たちは烏帽子山目指して左へ。植林帯が少し。



小さい沢を渡る頃、集団に追い抜かれた。
ほとんどの方が熊よけの鈴を持っている。
うつむけばいろんな花、仰げばブナの木。
素晴らしい山だ。


ツリガネニンジンを写していると前からコモちゃんの「頂上、着いたよ」の声。

12:02、烏帽子山1225m県境の山に到着。わ〜、たくさんの人!!大きなグループが二つ。人気なのね〜。


私たちも早速ベンチでバナナやパンを食べる。
山座同定しようとしてもなかなかわからない。隣のベンチの方にお聞きする。
どうも大山は見えないみたい。

今夜の宿は吾妻山だと言うと、「縦走していくんですね?」と聞かれたが、いやいや!!
一度下りて車で行きます、と言うと「吾妻山、ほらあそこですよ、近いのに・・・」って。
でもねえ、宿泊の荷物背負っていくのはためらわれますわーー。

東方向の牛曳山など。                      これから行く御陵(比婆山)。なだらかで穏やかでいいねえ。


のんびりしてると急に雨が降ってきた。
急いで雨具を着て出発の用意。

西に吾妻山、確かに近そうだ。
12:48、御陵を目指して南へ下りていく。


400m行ったところはセンターへ降りる道と、
大膳原(だいぜんばら)や吾妻山へ行く道がある。
ブナも大きいけど笹の葉も大きいなあ〜


13:18、御陵に着く。
イザナミノカミを祭ってあると古事記に書かれている。
「門栂」(もんとが)と呼ばれる一対のイチイの大木。


13:44、太平洋型と日本海型の両方の要素を持つブナの純林。こんな山ならずっと歩いていたい・・・・


14:02、御陵から1.2km、池ノ段へあと900mという地点、越原越(おっぱらごえ)。
ここからセンターへも下りれる。2.5km。

花はアキノキリンソウ、アサマリンドウ、ワレモコウ、カニコウモリ、ギンリョウソウモドキ。
チゴユリの黒い実、ユキザサの赤い実やまだピンクの実など。


木が途切れて登りになる。ホツツジやウメバチソウを見てると、上からコモちゃんの「見晴らしええでえ〜」の声。わ〜〜い!
14:37、池ノ段1727m。
コモちゃん、石でできた山名板を見ている。



山座同定、難しい。合ってるかな。

大膳原と吾妻山


西は明るい





立烏帽子山の麓に作業の軽トラックが見える。



左の濃い色の尾根が竜王山の尾根。




14:45、立烏帽子山に向かって下りていく。
マツムシソウ、ヤマラッキョウ、ワレモコウ、リンドウ、ホツツジ、ツリガネニンジン、アキノキリンソウなどいっぱい。
フウロはシコクフウロなのかしらん・・


14:52、コルに着く。立烏帽子山に登るかどうか迷ったが、私の体力が限界なので巻き道を行く。管理道路になっている。


15:06、立烏帽子山駐車場に着く。
バイオのトイレがある。すすんでるう!
15:11、左奥の登山道へ。


ずっと下りなのでいいけど、もうだいぶ疲れてきた。


しかしこのブナの森は疲れを忘れさせてくれるなあ。


15:43、木が窪んだように見える線は竜王山に行く車道かな。  幻想的ブナが続く。


16:06、着いたのかと思ったらまだだった。左へ。
16:12、展望園地のトイレ。


16:13、展望は無し!真っ白。本来はスキー場が見えるのかな?  まだまだ歩く。機械の音がしはじめた。ゴールは近い。


16:33、管理道と合流。
16:36、第一キャンプ場。


16:38、やっとセンターに戻ってきた。早くソフトクリーム食べたい!



あ〜、長かった!歩行時間約5時間半!!
病気以来最長記録達成!
標高差も少なく緩やかとはいえ、長時間歩けたことはうれしい。

ブナと花の山(本当は神話の山)、紅葉の時にまた来たい。
花はこちら



17:00、さあ、今夜の宿休暇村吾妻山ロッジへ〜
センターで聞いた道を行く。
県道256号線を熊野神社近くまで行き、狭いけどバスの通る県道255号線へ。
立烏帽子山駐車場へ行く分岐がどこか分からなかったけど通過したらしい。
道の淵にはススキとツリフネソウがいっぱい〜〜

17:35、大規模林道へは曲がらずT字になっているところで右折。
標高が上がってくると回りは森。
ドルフィンバレースキー場入り口を過ぎるとまもなく休暇村だった。
50分で着いたのですごい近道だった。


翌日の吾妻山へ

山のこもれびHOME
inserted by FC2 system